野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

フォーム改善による投球スタイルの確立

野球ピッチャー2

プロ野球選手は度々フォームの改善に取り組みます。自身では球威のある球を投げれていると感じていても実際の試合で通用しなかった場合にはフォームを改善してピッチング技術の向上を目指したり、新たな球種を覚えてそれに見合ったフォームの改善を行います。投手は自身の投球スタイルを確立させてプロ野球の試合で活躍する事を目指します。時に肘の故障などにより大きく投球スタイルを改善しオーバースローからサイドスロー投法へと転向する場合もあり、いろいろな場面で現在のフォームを見直す時期がきます。常に活躍できる投手であり続ける為には自分の癖を直す為にフォームの改善に取り組んだり、自分の癖を武器として使用する為にフォームの改善に取り組んだりと常に上のランクで活躍できることを目指し日々トレーニングを行っています。野茂のような独特なトルネード投法を使用する選手であっても、そのトルネード投法の微妙な改善により、さらに球威の増した投球術を考えたり、ステップの改善により年齢に応じた負担の少ない投法へと改善をはかります。年齢的な衰えも必ず起こってくるために、20代と30代ではピッチングフォームは異なる選手が多く、速球派の投手は技巧派の投手へと投手の経験を積んでスタイルを変えていきます。何度も対戦する打者に対しても常にステップアップをしていないと打ち込まれてしまう為、同じ変化球であっても変化の度合いを微妙に変えて戦うなどフォームの改善により打者との対戦で選べる選択肢を増やしていく事も大切なことであると言えます。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る