野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

ピッチングフォーム

野球ピッチャー21

ピッチングフォームとは野球において

投手がいかに理想的にボールを投げるかといった投手を務める野球人全ての課題であり、

各々がトレーニングや研究において自身の理想のピッチングフォームを極める事にあり、

理想のピッチングフォームを習得した野球人は打者に対して脅威となる投手となり、

日本のプロ野球選手の中でも投手と言えば打者でいう

4番打者のようにゲームを支配する主役のような存在となりえます。

 

幼少から投手として野球人生を送る人にとって

ピッチングフォームの研究は野球人生を

長く続ける為の最大の課題ともなっています。

 

ピッチングフォームが体に与える負担を軽減する可能性を秘めている他、

多種多様な球種、球威のある球

そして打者が打ちにくい投球を行う上で基本となってきます。

 

投球は体のばねや遠心力など投球における

全ての動作をよりスムーズに行うことで

肘への負担や肩への負担を軽減でき、

大きな故障を避ける事ができます。

 

選手生命をも断ってしまうことのある投手の肘や肩の怪我の多くの原因は

長年積み重ねたピッチングにおける

関節への負担が蓄積されそれが痛みへと変わり、

理想的な投球ができなくなってしまうことにあります。

 

投球におけるピッチングフォームは

自身の体格や癖に最適な方法を見出さないと

効率的な練習もままならないといわれています。

 

基礎こそ一番大切なスポーツ競技において

投手の基礎となるのがピッチングフォームです。

 

野球が好きな人は好きな選手の

投球スタイルを真似することから基礎を自然と学び、

より上のレベルを目指すことにより

専属のトレーナーなどを従えてその技術を向上していきます。

 

最近では科学の進歩により、

力学的な観点から科学的なトレーニングを積む選手も増えており、

ピッチングフォームの研究は多岐にわたり行われています。

 

ピッチングの基礎は

下半身と上半身の理想的な操作により重心移動から

最後にボールを放す手の指先に

いかにエネルギーを通達させるかといった動作技術であり、

タメやしなりと言った言葉でフォームの解析を行ったりもします。

タグクラウド

ページ上部へ戻る