野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

速球を上げるピッチングフォーム

野球ピッチャー33

コントロール重視のピッチングフォームから速球重視のピッチングフォームがあると言えます。投手を務める人によって急速の早いストレートボールを投げ込める事は非常に魅力的であると言えます。高校生でも140キロを超えるストレートを投げるようになり、ますます速球に対する意識は高まってきたとも言えます。そしてこれら140キロを超える投手の多くはスリークォーターやオーバースローといったリリースポイントの高いピッチングフォームを自身の投球スタイルに組み込んでいます。速球重視のピッチングスタイルであるとどうしてもコントロールが付いてきません。速球があがるとリリース時にため込んだエネルギーも変化球や140キロを超えない速球と比べると比較にならない程早く、乱雑であると言えます。丁寧にコースに投げ分ける場合のイメージは指先に先端でコースを選択してコントロールの微妙な調整をしているようなイメージを持ちますが、速球の場合はそれをする必要が無く、思いっきり腕を振り投げ切るといった基本的な動作がもっとも重要となってきます。ボールが離れていくのを最後まで我慢して重心の移動によって生まれるエネルギーと体重をボールにのせきることで球威のあるストレートが生まれます。球威ののった球は打者にとって打つ事がもっとも難しい球ともなる為、投手を始めた人はまず初めにストレートボールを覚える事から始め、そこで投球の基礎を学んでいきます。そして極めた人が150キロを超える速球を投げる技術を習得している人であると言えます。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る