野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

体重移動とフォームを固める作業

野球ピッチャー30

ピッチングフォームを追及していくといかに反復の練習が重要であり、それら練習の積み重ねによっていかに意識をせずにスムーズな投球へとつなげていくことができるかが大切であるかに気がついてきます。ピッチングの基本は体重の移動によりボールへ最大限のエネルギーを伝えてキャッチャーのもつミットにいかに届けるかです。そのミットの届くまでに打者のバットに当たらずストライクを取ることが投手にとって一球ごとの課題であり、完投する投手は一試合に100.球を超える投球を行うことから、一試合で100回はこの高い意識を持続させる事が大切であるかと言えます。一球でも気を抜いてしまうと、そのタイミングに合わせて打ち込まれてしまうのがプロ野球の厳しさであり、投手は自分が投げている一球ごとに高い責任感を感じています。その為体重移動で無駄なエネルギーや意識をつ合わない事が高いパフォーマンスを維持して行く為に有効な手段であり、投手はフォーム固めとしてキャンプ中に何度も何度も投げ込みを行います。そして投げ込みによってピッチングのフォームを固める為にはしっかりとした下半身を作り上げておく事が大切である為、投手の最初の練習は常に走りこみであることが挙げられます。走りこみ・車道ピッチング・投げ込みによって投手は体重移動と自身のピッチングフォームの追及を行い、自分に見合った投球スタイルを確立させていきます。投手は常に変わったトレーニングよりも基礎を固めていく練習を大切にしており、それらの練習を基盤として独自のスタイルを生み出していっています。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る