野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

ピッチングフォームの改造

野球ピッチャー10

ピッチングフォームの基礎を固めると次に出てくる欲望がもっと上手になりたいとか、スピードを上げたい、打者が打ちにくいピッチングフォームを極めたいと言った願望です。ピッチングフォームの基礎をしっかりと学んでいるとピッチングフォームの改造も行いやすくなります。基礎を習得していることで基本となる重心の移動や関節の動きと言った面が自然と行えるようになっているため、投球のモーションで多少の変化をもたらしたとしても、体がそれに合った重心の移動と関節の動きに対応してくれます。それにより、よりコントロール重視の投球術を極めたり、一番得意とする球種にあったピッチングフォームを追及していく事が可能になります。年齢とともにピッチングフォームを改造する人は特定の技術で常にトップクラスであり続ける為の努力であり、初めに覚えたピッチングフォームのまま、野球人生を終える人は少ないと言えます。その多くの人が基礎からの改造により自分に一番あったピッチングフォームを目指して改造を行っていきます。時にそれがスランプへのきっかけとなってしまう事もありますが、新たなピッチングフォームを習得する為にはそれなりの時間と経験が必要となり、実戦経験の多い投手ほどその微妙な調整を試合の中で行うと言われています。プロ野球選手の場合は相手側にピッチングフォームの癖などを研究されている為、常にピッチングフォームの改善と技術の向上が求められます。一年間たたかった投球スタイルは活躍が大きいほど詳しく研究されており、昨年よりもレベルの高い投球術が常に求められてきます。その対策としてもピッチングフォームの改造は有効であると考えられています。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る