野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

コントロール重視のピッチングフォーム

野球ピッチャー29

投手の分類には速球派と言われる投手とコントロール重視と言われる投手がいます。コントロールを重視としている投手の多くは経験を多く積んだ投手に多く、新人時代速球派として活躍をしていた投手がコントロール重視のピッチングフォームへと転向している場合もよくあります。力で打者をねじ伏せる事から、投球術によって打者を抑えるスタイルに転向することで年齢による衰えをカバーし、若い時よりも多くの経験と技術により活躍する投手も多くいます。コントロールを重視する人のピッチングフォームは特にスリークォーターが主流であるかと言えます。オーバースローよりもコントロールがつけやすいピッチングフォームとして多くの投手がこのスタイルを基盤として独自の投球スタイルを見出しています。急速が早くない投手は変化球の質や量によって投手としての優位性を見出していきます。そして時に変則的はフォームであるアンダースロー投法を駆使する投手もいます。そしてこのようにアンダースローやサイドスローを自身のピッチングフォームとしている投手はコントロールが抜群に良いと言えます。急速がオーバースローより落ちてしまう分、コントロールと球種で溝を埋め、タイミングの取りにくさで打者より優位になるトレーニングを行います。コントロール重視のピッチングフォームはいかに自身が描いた軌道でキャッチャーのミットに投げ込む事ができるかであり、リリースポイントが体に近い程そのコントロールは正確になると言われています。その為オーバースローによる投球はコントロール重視の投手にとっては基礎を学ぶタメのステップであるといえます。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る