野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

高校生へのピッチング指導

野球ピッチャー31

高校生へのピッチングの指導は小学生や中学生に行っていた基礎練習指導の他に先述対策や故障の対策、肘や肩の使い方、上半身の為による球威の増し方など本格的な指導を行っていきます。中学生まで基礎を学んできた投手が高校生になり本格的に変化球を学び、武器としていくことがピッチングの指導にも取り込まれており、高校野球ではこの指導の大きさにより活躍する高校が変わるほど大きな役割を担っています。松坂や涌井、ダルビッシュといったプロ野球選手が高校卒業とともにプロ野球で一年目から活躍できた陰には高校時代のピッチングの指導が大きく、個人の能力を最大限に生かした事が要因と考えられます。三選手とも基礎がしっかりとしており球威のある速球を高校時代から投げており、高校球界では群を抜いての実力を発揮していました。ストレート一本でも十分武器であった三選手はスライダーやカーブボールといった変化球の使い方をしっかりと学び、中学時代までに培った基礎をもとにピッチングの進化を遂げていきました。この基礎練習から高校での技術指導によって大きく飛躍し、プロ野球界でもエースとして活躍している事はすごく稀な選手であると言えますが、基礎をしっかりと身につけ自身のスタイルに適した指導を高校時代に受けた事が非常に大きな事であったと言えます。高校生になると故障も起こす選手がいるのですが、そういったリスクを理解した指導が高校の指導者には求められています。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る