野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

プロ野球選手へのピッチング指導

野球ピッチャー6

プロ野球選手へのピッチング指導は各球団に投手コーチが専属で勤務しており、年間の選手の癖や投球のデータをもとに指導を行っていきます。プロ野球での指導は試合で通用する選手へと育てていくこと、選手生活を長く続ける為に故障を回避できる指導を行っていくことなどその役割はシーズンでの球団の活躍を左右する程大きな役割を担っています。所属している選手全てを指導していく事は非常に困難である為、基本的には自分で管理を行い、ある程度の練習指導をコーチから支持されます。自分で全てを調整する選手や後輩に指導する先輩の投手など、新人で入ってきた投手は所属している投手全てが指導者となります。時にペアとなるキャッチャーからの指導もあり、癖を見つける事が得意なキャッチャーからの指摘は非常に優位な情報であるとも言えます。プロ野球選手となっても試合で実際に活躍できる投手は非常に一握りであり、まずは選手間の競争を勝ち抜く必要があります。高校で注目された投手であっても入団して一年目から活躍できる選手は大変少ないと言えます。選手は基礎となる下半身の強化以外に球種や球威、コントロールといった面で他の投手を超えていかないと活躍の場面はめぐってきません。自身が球威を磨きたくてもそれでは活躍できないと確信される場合は投球術の転換を図らないといけません。そういった場面で的確な指導を行いプロ野球選手として活躍できる選手として育てていく事が義務としてあるのが投手コーチです。投手コーチには後に監督となる人がいるほど、その指導力や指揮権といった能力が重視されます。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る