野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

投球の基礎

野球ピッチャー22

投球の基礎は下半身にあると言われます。安定した下半身は投球動作による重心の移動を安定させ、効率よくその力を球に伝える基盤となります。下半身が重要と言われながらも、これまでは投手にとって下半身強化トレーニングの走りこみやウエイトトレーニングはあまり積極的に行われておらず、どちらかと言うと上半身のトレーニングによりボールの感覚をより実践的に感じ取る練習から、リリースの瞬間のイメージトレーニングや反復トレーニング、各々の球種のトレーニングなど主に上半身のトレーニングを行っていました。それにより球種に対する強みはあるものの、どうしても投球動作に対する基礎がついてきておらず、打者の技術があがることや、メジャーでの挑戦、世界との試合を行うなかで下半身の基礎強化こそが力のあるボールを投げる事ができるもっとも効率的で最適な練習であると評価されはじめました。体格的に外国人選手に劣る日本人は基盤を固めることで投手としての基礎を高め、もともと指先コントロールの高いと評価されていた日本人の投球術を世界で通用するものとしていきました。これにより、近年は投手の走りこみトレーニングは基礎トレーニングとして必須となっており、高校からプロ野球に入った投手は入団から2・3年で体格が変わるほど基礎トレーニングによって下半身の強化を行います。これは基礎となる下半身を強化することで選手生命を最大限に伸ばし、長く投手としてやっていくことができるからです。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る