野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

投手が目指すピッチングフォーム

野球ピッチャー18

投手を務める野球人にとって目指す

ピッチングフォームは千差万別であるといえます。

 

投手は理想のピッチングフォームで自信が描く投球術を現実のものとし、

試合での活躍を目指します。

 

それはプロ野球だけでなく

学生野球や社会人野球といったいかなる場面であっても

投手にとっては同じ目標があり、

各々が日々の練習によってそれらを改善し確かなものとしていきます。

 

小学生や中学生の投手に対しては、

指導する側にとっても基礎を学び

体に覚えさせる事がもっとも大切な指導方法をなっており、

肘や肩への余計な負担をかけない

ピッチングフォームを教える事が大切となっており、

昔と比べてその指導方法とスタイルは年々向上していっています。

 

プロ野球を目指す投手に向けた指導では

小さい時から専門的な指導を受けている人もおり、

後に球界を代表するようになった投手も

高校野球で活躍した人が何人も挙げられます。

 

プロ野球選手の中にもメジャーリーグに挑戦する人が増え、

投手が目指すピッチングフォームにも

大きな変化がみられるようになってきました。

 

中学生までは負担の少ない基礎固めの投球フォームを目指し、

高校生からは本格的に打者に対して対抗できる投球フォームを固め、

プロ野球選手になった多くの人は

メジャーリーグで通用する投球フォームを目指して日々の練習を積み重ねていきます。

 

投手は選手生命となる故障を回避する為の技術と

打者に通用する技術の両方を極める為、

バランスのとれたピッチングフォームを目指しています。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る