野球上達法!ピッチャーのためのピッチング上達法です。ピッチングのスキルアップの極意を掲載しています。

ピッチングフォームと重心

野球ピッチャー26

ピッチングフォームは重心の移動をいかにバランスよく行っていき、最後のリリースにエネルギーを最大限に高めていけるかが大きな焦点となります。体重の移動となる重心がしっかりとしていないと上半身のバランスも崩れてしまい、下半身が安定しないことで思ったところにボールを投げ入れることもままなりません。下半身がしっかりとしていることで自身の投球のイメージと実際の投球のモーションを同じとすることで細かいコントロール技術も上がってきます。変化球を投げる場合は特にこの下半身のコントロールによってストライクゾーンとボールゾーンの使い分けを行います。ピッチングフォームにかかわる重心の移動はピッチングにおいて球威とコントロールの精度を左右する大きな役割となっており、これらのコントロールは意識的に行う練習と体で覚えた動作のくりえし作業によって自身の技術として身につけていきます。重心の移動のイメージは鏡の前でフォームチェックをするときに体重がどのように移動していっているかを確認する必要があります。人が自然とあるいているように重心が移動することで目的の方向へ力を動かす事ができます。ピッチングにおける重心の移動はセットポジションから打者に対してボールを投げ切る動作に重心の移動が関わってきます。そしてその軸となる重心は一度軸足となる片方の足へと体重移動を行いその移動してきた重心をタメとひねりによって前足へと移動させ体から発するエネルギーを最大限に高めます。この動作をスムーズに行うには己の重心の位置を常に理解しておくことが必要であると言えます。

関連記事

タグクラウド

ページ上部へ戻る